あの人のお口がにおったのはナゼ? 世界一やさしい歯周病の本

スウェーデンのすべての歯科医師・歯科衛生士が学ぶトータルカリオロジー

日本初上陸! スウェーデンの歯科衛生士学校の教科書であり、歯学部学生のカリオロジー入門書です。

特長は、カリエスをコントロールするうえでの総合的な知識がわかりやすく書かれていて、かつ論理的である点! スウェーデンと同レベルの“原因除去療法”による予防歯科を日本の患者さんに届けるために、ぜひご活用ください。

著  者:ベンクト・オロフ・ハンソン/ダン・エリクソン
翻  訳:西真紀子
価  格:4,500円(税抜)
発売日:2014年4月16日
発行元:株式会社オーラルケア

Point1 演習問題で 知識を深められる!

各章で学んだことを再確認できるほか、自分でさらに深く掘り下げ、視野を広げて考えるべき“ひねりの効いた”問題が多数! 「考える力」「推測する力」「応用する力」が身につきます。

Point2 漠然としていた カリエス予防の“根拠”が明確になる!

たとえば「予防に効果がある」とされるフッ素。どんな議論を経てその結果に至ったのか。またどんな効果が証明されているのか。流れをトータルで理解できるので、“なんとなく”の知識が"確実な"知識に変わります。

Point3 カリエスを"穴の空くまでのプロセス"と捉える スウェーデンの 考え方が身につく!

どんな原因があり、どんな経過をたどって最終的に穴が空くのか。カリエスを「プロセス」と捉えることができれば、早い段階での介入が可能に! 効率がよく、患者さんに負担の少ない、効果的な予防につながります。


立ち読みする

aaa
aaa
aaa クリックで拡大

読者の感想

これは国家試験に受かるためではなく、臨床のための書籍! 学校ではカリエスの原因や治療法、予防法を科目ごとに学んでいましたが、この書籍はタイトルどおりトータルでカリエスをみています。原因を把握してから患者さんに指導するまでをしっかりイメージできました。

(歯科衛生士M.H.さん)

購入する